AdobeStock_507518566
AdobeStock_469482963
AdobeStock_205825466
mv_icon
政治経済・社会分野に精通
情報発信のサポートを実施
2024年上半期経営セミナー
Comic

漫画解説

  • About

    お客様の様々な
    ニーズに合わせて対応

    拠点を構える東京を中心に「情報発信が行える場を探している」という専門家や研究者の方に向けて、セミナーの企画や運営、書籍出版に関する業務全般のサポートを行っております。お客様一人ひとりのご希望に合わせて対応するため、まずは気軽にご連絡ください。また企業の福利厚生制度にお悩みの企業経営を行っている方や政党の政策立案に悩まれている方、官公庁からの業務委託についてお困りの方など向けたコンサルティングサービスもご提供しております。40年近く行政職に勤務していた経験をいかして丁寧にサポートいたします。
  • 学問に裏打ちされた
    情報の収集・分析・評価・発信と提言

    IT技術の急速な発達に伴う情報化時代において、マスメディア、出版物、インターネット上で多量の情報が流れておりますが、その分析・判断を学問に裏打ちして行い、かつ、実務に生産的に生かせるような研究・提言を行います。

情報と経営・政策

調査研究・情報発信・コンサル

  • 質の高い情報収集・分析
    01
  • 重要・正確な情報の習得
    02
  • 効果的な情報発信
    03
Point

弊社の特徴

  • 01
    主として公開情報から幅広く情報を取得し、諸学問を基盤として分析を行い、顧客の正しい判断に資するべく調査研究を行います。
  • 02
    各種調査研究活動を行っている研究者や専門家などから一般の方までを対象として、効果的な情報の発信の支援を行うため、講演の機会の提供、書籍などの刊行の支援を行います。
  • 03
    調査研究活動を踏まえて、政治・経済・軍事・社会・文化等に関する企業の経営・政党の政策立案等の助言・提言を行います。
Business

事業内容

  • 調査研究・情報発信・コンサル

    ・政治・経済・軍事・社会・文化等に関する研究受託
    ・講演・出版等の情報発信の企画・支援
    ・経営・政策等に関するコンサル業務
  • 経営や政治に関する
    専門知識が豊富

    会社を経営している方や個人で信金運用を行っている方に向けたコンサルティングサービスもご提供中です。また政治経済に関する教育事業も展開しております。
Feature

特徴

政治経済や

A place to learn

経営に関して学べる場

about political economy and management
政治や経済、経営のことについて学びたい社会人や学生に向けた教育サービスを東京にて実施しております。また「専門分野の情報発信を行いたい」という方を対象に、セミナー運営のサポートも実施中です。
Company

講演会や
コンサルティングサービス

バーチュー・クリエイティング
株式会社

所在地

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1丁目19-19

恵比寿ビジネスタワー10F

Google MAPで確認
電話番号

03-5708-5985

03-5708-5985

FAX番号 03-5708-5985
営業時間

7:00~19:00

定休日 不定休
代表者

代表取締役 社長 奥平穣治

創業

2022年(令和4年)8月1日

事業内容

調査研究 / 教育 / 出版 / コンサル / その他

アクセス

恵比寿に事務所を構え、若い社会人や学生に向けて政治経済について学べるサービスをご提供します。また会社を経営している方等に向けたコンサルティングも行っております。
Column

業界の専門知識に関する
情報を公開記事を掲載

ご利用検討している方にぜひ参考にしていただきたい業界に関連する記事を発信中です。
専門知識にあまり詳しくない方も気軽にお読みいただける内容になっております。

  • 2024/04/18

    第2次世界大戦後の日本の「非武装論」の背景事情

    第2次世界大戦後の日本では、多くの国民が戦争を経験したことから、非武装論が強く支持されました。戦争の悲劇を繰り返さないためにも、軍備を持たずに平和を守ろうという声が広がりました。また、米国との関係性も大きな影響を与えており、日本はアメリカとの同盟関係によって軍事力を頼りにする必要がないという考えが広まりました。この非武装論は、日本社会において戦争への反省や平和への志向を強める一方で、国際的な安全保障や脅威に対する議論を巻き起こすなど、様々な影響をもたらしています。このバックグラウンドにあるものは、何なのでしょうか。
  • 2024/04/17

    日本の防衛産業の現状と課題

    日本の防衛産業は、国内外で高い評価を得ているが、海外市場への進出にはまだ障壁が多い状況にあります。特に競争相手が多い中で、日本企業が海外でのビジネス展開を成功させるためには、市場調査やパートナーシップの構築が欠かせません。また、人材不足や技術革新の遅れも課題となっています。これらの課題を克服するためには、政府との連携が重要です。政府のサポートを受けながら、日本の防衛産業がさらなる成長を遂げることが求められています。防衛産業を巡る、世界のトレンドを踏まえながら、新たな展開を模索していく必要があります。
  • 2024/04/16

    スイスの永世中立国成立条件に迫る

    スイスは世界で唯一の永世中立国として知られています。その成立条件には、ヨーロッパの中立国としての歴史、多様な文化と宗教が融合する国土、そして内外の政治的バランスを保つ秘訣があります。スイスは長い間、周囲の国々との紛争から距離を置くことで中立を守り続けてきました。さらに、様々な文化や宗教が共存する環境があり、内部の対立を避けるために政治的な妥協が求められています。このような要素が組み合わさり、スイスが永世中立国として成り立っているのです。それが、何故、可能であったのかを、見ていきましょう。
  • 2024/04/15

    戦後日本における「自主防衛」論の意義と課題

    戦後日本では、外交政策や安全保障政策において独立的な立場を維持しつつ、自らの安全を確保するための考え方である「自主防衛」論が重要なテーマとなってきました。この考え方は、自らの立場を守るための責任を果たすことが国家の独立性や安全保障につながるという意義があります。しかし、一方で自主防衛論には課題も存在します。例えば、軍事力の適切な拡充や外交政策とのバランスの取り方などが挙げられます。今後は、自主防衛論を適切に捉えつつ、国家の安全を守るための最適な方法を追求していく必要があります。自主防衛には多大な覚悟と努力が必要デあることを認識して、自主防衛論を唱えなければなりません。