AdobeStock_507518566
AdobeStock_469482963
AdobeStock_205825466
mv_icon
政治経済・社会分野に精通
情報発信のサポートを実施
2024年上半期経営セミナー
Comic

漫画解説

  • About

    お客様の様々な
    ニーズに合わせて対応

    拠点を構える東京を中心に「情報発信が行える場を探している」という専門家や研究者の方に向けて、セミナーの企画や運営、書籍出版に関する業務全般のサポートを行っております。お客様一人ひとりのご希望に合わせて対応するため、まずは気軽にご連絡ください。また企業の福利厚生制度にお悩みの企業経営を行っている方や政党の政策立案に悩まれている方、官公庁からの業務委託についてお困りの方など向けたコンサルティングサービスもご提供しております。40年近く行政職に勤務していた経験をいかして丁寧にサポートいたします。
  • 学問に裏打ちされた
    情報の収集・分析・評価・発信と提言

    IT技術の急速な発達に伴う情報化時代において、マスメディア、出版物、インターネット上で多量の情報が流れておりますが、その分析・判断を学問に裏打ちして行い、かつ、実務に生産的に生かせるような研究・提言を行います。

情報と経営・政策

調査研究・情報発信・コンサル

  • 質の高い情報収集・分析
    01
  • 重要・正確な情報の習得
    02
  • 効果的な情報発信
    03
Point

弊社の特徴

  • 01
    主として公開情報から幅広く情報を取得し、諸学問を基盤として分析を行い、顧客の正しい判断に資するべく調査研究を行います。
  • 02
    各種調査研究活動を行っている研究者や専門家などから一般の方までを対象として、効果的な情報の発信の支援を行うため、講演の機会の提供、書籍などの刊行の支援を行います。
  • 03
    調査研究活動を踏まえて、政治・経済・軍事・社会・文化等に関する企業の経営・政党の政策立案等の助言・提言を行います。
Business

事業内容

  • 調査研究・情報発信・コンサル

    ・政治・経済・軍事・社会・文化等に関する研究受託
    ・講演・出版等の情報発信の企画・支援
    ・経営・政策等に関するコンサル業務
  • 経営や政治に関する
    専門知識が豊富

    会社を経営している方や個人で信金運用を行っている方に向けたコンサルティングサービスもご提供中です。また政治経済に関する教育事業も展開しております。
Feature

特徴

政治経済や

A place to learn

経営に関して学べる場

about political economy and management
政治や経済、経営のことについて学びたい社会人や学生に向けた教育サービスを東京にて実施しております。また「専門分野の情報発信を行いたい」という方を対象に、セミナー運営のサポートも実施中です。
Company

講演会や
コンサルティングサービス

バーチュー・クリエイティング
株式会社

所在地

〒150-0013

東京都渋谷区恵比寿1丁目19-19

恵比寿ビジネスタワー10F

Google MAPで確認
電話番号

03-5708-5985

03-5708-5985

FAX番号 03-5708-5985
営業時間

7:00~19:00

定休日 不定休
代表者

代表取締役 社長 奥平穣治

創業

2022年(令和4年)8月1日

事業内容

調査研究 / 教育 / 出版 / コンサル / その他

アクセス

恵比寿に事務所を構え、若い社会人や学生に向けて政治経済について学べるサービスをご提供します。また会社を経営している方等に向けたコンサルティングも行っております。
Blog

ご提供中のサービスに関する
情報を公開

サービスの詳細をイメージしていただけるような情報を掲載しております。社会人や学生、会社を経営されている方などに向けて、幅広いサービスをご提供中です。

Blog
Column

業界の専門知識に関する
情報を公開記事を掲載

ご利用検討している方にぜひ参考にしていただきたい業界に関連する記事を発信中です。
専門知識にあまり詳しくない方も気軽にお読みいただける内容になっております。

  • 2024/06/26

    天皇制の日本の国内外での評価を考える

    日本の歴史において、天皇は古くから国民の象徴として位置づけられてきました。天皇制は日本の文化や伝統、歴史と共に根付いており、多くの国民が尊重の念を持っています。一方で、近年では国内外からの批判も根強く存在し、その在り方についての議論が続いています。天皇制に対する評価は人それぞれ異なりますが、これからの将来に向けてその役割や意義を再考する必要があるのではないでしょうか。本稿では天皇制の歴史と意義、国内外からの評価と批判、そして将来への展望について考察していきたいと思います。天皇制について、日本国民は、より学び、認識を深める必要があるでしょう。
  • 2024/06/25

    天皇家の皇統の維持の諸問題について

    天皇家の皇統の維持は、日本の伝統と文化を支える重要な要素であり、現在も続いています。しかし、近年は男系継承のみを認める制度に対する議論や女性天皇の即位に関する議論があります。歴史的にも、天皇家の皇統は男系を重視してきましたが、その伝統にも変化が求められています。今後の展望として、女性天皇の即位や皇位継承制度の改革が検討される可能性もあります。天皇家の皇統の維持と変革には、さまざまな課題がありますが、その歴史的背景と未来への展望を考えることが重要です。天皇の地位は「国民の総意」に基づきます(日本国憲法)。国民の方も、深い考察と認識が求められます。
  • 2024/06/24

    戦後の象徴としての天皇制の意義と役割について考える

    戦後の日本における天皇制は、国民の統合や文化の継承、国際社会との関係構築において重要な役割を果たしてきました。象徴としての天皇制は、日本の歴史や伝統、文化を象徴し、国民の統一感や誇りを支えてきました。また、天皇が憲法によって規定された象徴としての地位にありながら、多くの国民に支持されているという事実は、その重要性を物語っています。今後は、新たな時代においても天皇制が持つ象徴性をどのように活かし、国民とのつながりを深めていくのかが課題となっています。過去と現在と未来への変遷の中で、正確な認識を持つことが重要です。
  • 2024/06/23

    天皇制と権限:第2次世界大戦前の天皇の地位に迫る

    天皇制は日本の歴史において重要な位置を占めてきました。第2次世界大戦前の天皇の地位に迫ると、その象徴的存在としての地位や権限の制約、戦争指導権と平和主義の葛藤が浮かび上がります。天皇は国家元首としての権限には制約があり、一方で戦争の指導権を持ちつつ平和主義を掲げることも求められていました。この矛盾した立場は、当時の政治情勢や社会の複雑な背景と深く関わっており、その解明にはさまざまな視点からの分析が必要です。戦後の日本の天皇制を考えるにあたり、十分な理解を深めておきましょう。